*Admin*











スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長野電鉄・屋代線の木造駅舎めぐり旅(松代駅)
ここは屋代線で唯一の有人駅・松代駅。

すぐ近くには松代城址もある

IMG_4421_20110831210441.jpg

ここもまた赴きのある駅舎である。


IMG_4422.jpg
駅前には汽車ポッポの石碑もあった。
これを作曲した草川信が松代町出身だからだそうだ。

IMG_4419.jpg
ここのホームの待合室もまた木造であった。
ふと懐かしい光景に安らぎを感じるそんな一コマがここにある。

IMG_4423.jpg
今ではほんとに見れなくなった、口頭で販売する切符売り場も現存する。

今やほとんどが自動販売機となって切符もカードタッチとなってなんとも味気ない感じがする。


IMG_4424.jpg
駅長室も現役であります。
しかし珍しいことにこの駅長室は3番線側にあります。

IMG_4433.jpg
ここの駅も列車交換駅となっています。
昔はタブレット交換も行われていたそうです。

ここをぽっち~りと ( ^-^)σにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へしてくれると嬉しいです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
こんにちは。
早いものでもう9月になってしまいましたね。

偶然なのですが、私もこの日屋代駅を訪ねていました。
時間がなくて屋代駅だけだったのですが、こんな駅がいっぱいあったのですね~
ことさんのほうが少し早い時間だったようですね。
少し待っててくれたら会えたのにね~(笑)
そうそう、おばすてにも行きました。
どこもゆったりと時間が流れているような心洗われる場所ですね。
この風景、現存する間にはもう行けないから最後だと思うと何だか切ない気持ちになりました。

写真もいっぱい撮ったのですがどうも中にごみが混入しているみたいで
残念な写真ばかりになってしまいました。
一度メンテナンスに出そうと思っています。
★おぼろさんへ
はい、このときは早めにここに来ていたものですから^^
メールでお知らせしとけばよかったかな?
ここの屋代線は古い駅舎がたくさん残ってます
だからこそ、なくなってしまうのが惜しみないです。
駅舎だけでも残ってほしいものですがね~

古きよき時代のものがだんだんと消滅していくのはこれもまた時代の流れなのでしょうかね
次第に地方ローカルでの交通手段がバスのみとなっていくのでしょうか?
なんだか寂しいです

なくならないうちに色々な場所に訪ねておかなくては!
No title
長野電鉄も、きれいな駅舎が残っているのですね。ロマンスカーだの、NEXだのに気を取られ、気がつかなかった(笑)。あまり仰々しいものではない、けれども、さりげなく風格を残している駅舎は、見ているだけで心が安まります。少しでも長く、現役でいますように。
★池口様へ
はじめまして
コメントありがとうございます。
長野電鉄というとやはり、代表格のゆけむり号とスノーモンキーが人気ですからね~
味わい深い木造の駅舎が屋代線に多く有ります。
ここがなくなってしまうのはほんとにもったいない話です。
少しでも長くこの風景を留めておきたいものです。
カウンター
旬の花時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たっち(こと)

Author:たっち(こと)
陽だまりのフォトライフ
へようこそ!

住:神奈川県鎌倉市
since Mar. 1, 2008

★使用カメラ★
○forデジタル○
EOS 40D
フジFINPIX F810
○forフィルム○
HOLGA 120N
フィッシュアイ2

ブログランキング
ブログランキングに参加中
よろしかったら(。・・)σ ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
最近の記事
最近のコメント
新しいコメントが上にきます
トラックバック
月別アーカイブ
日記カテゴリー
リンク
私を登録 by BlogPeople
季節のパーツ
ブログペット
さすらいペット
陽だまり情報局
今日の天気

-天気予報コム-
今日の雨雲の動き
今日は何の日?
電気予報
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。