*Admin*











スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
氷川丸Ⅲ
最後は、操舵室です。
DSCF7391.jpg
やっぱりこれを回したくなっちゃいますね^^

DSCF7390.jpg
これが、船には大事な羅針盤です。
これがないと方向音痴になっちゃいますね。

DSCF7392.jpg
これが、船の方向を決めるものだそうです。

Hard a port!(取り舵一杯)
hard starboard 面舵一杯
course 針路そのまま


DSCF7394.jpg
氷川丸のエンジンルーム内です。

DSCF7398.jpg
エンジンが動いているときはここは灼熱地獄だったことでしょう。

DSCF7395.jpg

エンジンを動かすシリンダー部分です。
これが上下にガシャコンガシャコン動いていたんでしょうね。

DSCF7400.jpg

このエンジン部分の真上には三等客室があります。
一等船室とはまるで違う雰囲気です。
寝るにも窮屈そう。

映画「タイタニック」のジャックのいた部屋を思い出しますね~^^

これにて氷川丸内部探検を終わりにします。
まだまだほんの一部分だけなので、是非機会がありましたら、氷川丸船内を見学しにいってくださいませ^^

ここをぽっち~りと ( ^-^)σにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へしてくれると嬉しいです。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
私はエンジンルームが一番面白かったです。
美しい一等客室からは想像もできない世界で、
そのギャップが面白かったなあ^^
こんにちは^^
サスガに機械がいっぱいの場所は手が出ない・・・ッて感じがする!!!
しかも、ここでも、ウッカリ触ったら叱られそうだし・・・ (笑)
でも、船旅も一等船室くらいで行かないと、なんか窮屈そう^^;
いつでも、何処でもお金がないとダメだって事だね?
そう言えば、タイタニックのジャックを思い出した!!! (笑)
映画が見られなかったので、DVDを買ったけれど、見ないうちのいずこへ?^^;
ポチッ☆彡
No title
あー、このエンジンルーム見て思い出しましたよ。
12~3年位前に1度乗っていますね、私。
詳しくは思い出せませんが、その時って何となくココが一番の見どころだったような・・
どこが何なのかは分からない機械だけど、Uボート気分になりましたっけ。
ビヤガーデンが懐かしい。もうやらないのかしら・・・?
No title
おー!今はなき、三等客室ですね。
小樽から舞鶴までのフェリーでこのくらいの2段ベットの2等寝台に乗ったことがありますが、
私の場合、以外とこの小さい自分のスペースに気持ちが落ち着くものです。
でも、機関室の真上だとすると、エンジンの音と振動はきっと大きかったのでしょうね。
それでも、昔の倉庫のようなところに雑居状態のようなものに比べれば豪華だと思います。
こんばんわ!
舵に羅針盤に船の方向を決めるものに、
設備のひとつひとつがアナログで素敵!
船乗りたちの汗が染み付いてるようで、
これまた時代を感じさせられますね。
客室もいいけど、操舵室には更に海の男の
ロマンが秘められてるように感じます♪
★バジリコさんへ
エンジンルームも面白い場所ですよね。
ここは普段見ることができませんので新鮮味があります。
普通見るエンジンとはまた違うのでわくわくしますね^^
★理彩也さんへ
名前を忘れてるだよ~(^m^)ぐふふ
さすがにこの三等では窮屈そうだよね~
同じ船で旅をするにもこうまで違うものなんだね~

あらら~映画のDVD見ないうちにどっかにいっちゃったの?^^
どこにいっちゃったのだ~(笑)
★サラームさんへ
思い出しましたか?^^
この場所はほかの場所とはちがって
滅多に入れない場所ですからね~

そういやビヤガーデンってやってるのかな~
日本郵船が経営してますので、やってないかもしれませんね~
この季節になると氷川丸のビヤガーデンは賑わってましたからね~
★ei-chan さんへ
この船にも三等はありました。
実に狭い船室でしたが、寝るだけならこれでもいいのかな

やっぱり一般庶民にはこのくらいが丁度よいのでしょうかね~^^
さすがに寝るときはうるさかったかもしれませんね
★densukecuteさんへ
今の船はすべてコンピュータ制御で動いてますからね~
昔の船はいろりろと目で確認しながら安全運航してたんですね。
それから比べると今は簡単ですね。
カメラもそうかもいれませんね~^^
は~~~~い
行ってきました 氷川丸見学。。。
ことさんの写真に魅せられてぇ
写真を見る前は 入ってもたいした所は見られないんだろうって
勝手に思い込んでいたのですが
客室や操舵室そして機関室まで ゆっくり見ていたら 半日過ごせちゃうくらいの
ボリュームでした。

豪華な一等客室や 機関室の油のにおいなど、とっても印象的でした。
★:優作:さんへ
返信おくれてすいません
いろいろと忙しくて^^
いってきたのですね~
最初は普通の船室だと思ってましたが
中は随分といい感じでしたよね。
入ってみないとわからないものですね
カウンター
旬の花時計
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たっち(こと)

Author:たっち(こと)
陽だまりのフォトライフ
へようこそ!

住:神奈川県鎌倉市
since Mar. 1, 2008

★使用カメラ★
○forデジタル○
EOS 40D
フジFINPIX F810
○forフィルム○
HOLGA 120N
フィッシュアイ2

ブログランキング
ブログランキングに参加中
よろしかったら(。・・)σ ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
最近の記事
最近のコメント
新しいコメントが上にきます
トラックバック
月別アーカイブ
日記カテゴリー
リンク
私を登録 by BlogPeople
季節のパーツ
ブログペット
さすらいペット
陽だまり情報局
今日の天気

-天気予報コム-
今日の雨雲の動き
今日は何の日?
電気予報
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。